妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 社内調査の方法と相場は!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社内のトラブルは極力避けたいもので、1人の社員の行いで会社全体がピンチになってしまう事もあります。その様な状況を回避する為に「社内調査」というものがあり、問題を起こしている社員、密かに怪しいと思っている社員の素行を調べます。 では、どの様に調査するのでしょうか?

【社内調査とは】
調査をしたい社員に何か問題がないか、問題を抱えていないか、会社にとって不利益になりえる行動をしていないか、などを調査したりします。解雇したい社員の行動なども調査したりします。 社内の人間に調査を依頼すると、顔見知りなどの場合もあり不都合が生じる事の方が多く、外部の人間に依頼する事が一般的です。その場合、探偵&興信所を利用します。
『相談内容』
・独立する為(同業種)、辞めると言っている社員の不正がないかを調べてほしい
・経費の流れがおかしい。横領の疑いがあり刑事告訴したいので調査をお願いしたい
・社内ルール違反者を解雇したいので社内調査をお願いしたい
・労災申請(うつ病)をしてきたが、事実なのか調査してほしい(治療を行っているのかなど)
・営業(外回り)していると社員の報告書の時間が合わない為、報告通りに仕事をしているのか調べてほしい
などの社内調査の希望があります。疑いがあるが証拠がない為にそれ以上何も言えない状態である場合が多く、証拠が欲しく依頼されます。
※社内調査とは、少し違いますが、ヘッドハンティングしたい人物の身辺調査などを依頼する場合もあります。途中入社希望の方の身辺調査などを行う事もあります。

【探偵&興信所の調査方法】
探偵などは本来の捜査の特徴を活かし、「尾行、張り込み」を行います。必要であれば「監視カメラの設置」などもします。 「監視カメラ」などはレジなど金銭を扱う仕事場に有効で、設置した事を伝えない為、レジに打ち込みをせず、横領していた場合など証拠になります。金額と売り上げが合わない場合などには有効です。 会社勤めの方の横領や、情報漏えいなどは、外部の人間との関わりも考え、「休日、終業後」も張り込みをします。社内だけでは分からない情報や証拠も収集します。

【解雇したい場合の理由】
・仕事をしていない(さぼっている)、仕事もないのに残業代の為に残る
・副業やアルバイトをしている(その為に就業規則を守れず遅刻、早退が多い)
・お金を使いこむ(横領)、賄賂をもらっている(汚職)両方とも業務上責任になる
・会社のシークレット情報を流している疑いがある
・風評被害(会社の不利益事情を流している) など、
会社にとって不利益を起こす社員は、解雇したいのが本音です。証拠がなければ「解雇通達」をだせないのが現状で、その為プロである探偵&興信所へ、素行調査を依頼します。
【解雇したい場合の身辺調査】
会社にとって解雇したい人物でも、解雇したい社員に問題行動(就業規則、労働基準法の違反)がなければ、解雇する事は難しく、探偵&興信所を使い素行調査や身辺調査をお願いし、解雇できる理由がないかと調べます。無理に解雇してしまった為に、後々問題になってしまう事を防ぐ為に、少しでも円満に辞めて貰えるように会社としてはしたいのです。解雇した社員が悪評をインターネットなどに書き込むケースも今は多いそうで、風評被害に繋がり会社への影響を考えると依頼し何か証拠をつかめると会社としても助かるわけです。
【社員以外の身辺調査も可能】
・暴力関係者や同業者への機密事項の情報の流出などは、相手を特定する事も重要になり、尾行の途中で接触があった場合は、接触者の身辺も調査してくれます。
・社内の何人かで不審な動きがあるにも関わらず、事実が掴めず会社の不利益になっている場合、不正しているメンバー全員の調査をし、証拠を集める事も可能です。
・業務上責任になる行為に関しては、刑事訴訟も視野にいれ、社内だけの問題で終わらない事もあり、特に確実な証拠が必要になります。

【社内調査の相場】
不正調査になる社内調査にかかる費用は、社内である程度情報は集めているが、「証拠だけない場合」、「不正調査と証拠集め」と日数とで費用は変動しますが、1調査だけだと5万円以上~となっています。そこに交通費や諸経費という事になりますが、平均し日数など(3日~)と計算しますとだいたいの相場はこの様な感じになります。 日数3日間:証拠も含めて12万~25万(交通費、車両費など別) 日数5日間:証拠も含めて20万~40万(交通費、車両費など別) だいたいの平均の費用となります。参考にしてみてください。

《まとめ》
社内調査についていかがだったでしょうか?社内調査の対象になる方は何か規則を守っていない場合がほとんどなので、普通に会社勤めしていれば、調査される事もなく、平穏に過ごせます。横領、汚職は刑事訴訟の対象になりますので、止めましょう!

関連記事

コメントは利用できません。