妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 浮気や不倫の調査依頼をなぜするのか

tantei_1

パートナーの浮気を感じた場合、皆はどうしているのでしょうか?明らかに浮気や不倫をしているのが分かった場合「直接相手をしめあげる」などの手もありますが、「言い逃れ」をされ終わるパターンもあります。

確実に「浮気や不倫」の証拠を見つけるには、探偵&興信所などを利用するのが一番なのですが、料金というものが発生します。

お付き合い程度の関係なら、疑わしい事をする相手とは別れれば済む事でも、結婚していたら、そういう訳にもいきません。今後の生活が変わってしまうわけですし。

浮気、不倫調査の現状

実際調査を行った結果「離婚」までいく夫婦は3割だそうで、後の7割は結婚を続行しているそうです。では、なぜ依頼をするのでしょうか?

3割の方が探偵&興信所に依頼する理由は分かりましたが、残り7割の方はどう考え依頼したのでしょうか?

浮気、不倫依頼はなぜされるのか

離婚を考えていない7割の方の探偵などに依頼する理由として、大きくは二つに分かれます。

「気持ちの整理」をしたいというのが、ホンネなのかもしれません。確かに浮気や不倫がバレたらお互いに普通の顔をして、日常過ごせるかといいうと少し無理ですよね。何となくわだかまりも残りますし!

「浮気してるの?」と不安にさいなまれた日々が分かったからといって、スッキリする訳でもないですが、ずっと1人で不安を抱えたまま過ごすのであれば、依頼しハッキリさせ、「自分がその後どうしたいのか?」考える時間をもちたいのかもしれません。

依頼理由:浮気の阻止

相手が浮気した事実より、家庭が崩壊する事を恐れていて、浮気から本気になるのを阻止したい、という理由が一番になっています。そこに愛があると信じたいですが、子どもの為という言葉が出る事が多いそうです。

結婚前提のカップルの場合、浮気症のパートナーの浮気阻止を目的とし依頼する方が多いそうです。

『依頼した事で、なぜ阻止できるのか』

パートナーが携帯などを見て「浮気してるの?」と突っ込むと、相手も「勝手に人の物みるな」と罪悪感と怒りが交じりケンカになってしまい、争いがもっと酷くなる事が多いです。ですが、探偵&興信所の調査報告をみると、第三者からの報告(写真や文章など)となり「客観的に自分をみる」事により、罪悪感だけが強くなり、自分のした事を冷静に見直す事ができるそうで、浮気を止めようと思うそうです。

引用元:浮気調査

「攻撃してくる相手の場合」

調査報告を見せられ最初文句を言ったりする事はあると思います。自分の調査をされているのですから!その後、逆切れのまま攻撃を続けるような相手の場合は、別れを考えた方が賢明かもしれません。浮気や不倫がなくても、いずれ破綻する可能性が十分にあります。

【依頼理由:将来、離婚するときの為に】

女性の依頼者に多いのが、子どもが小さいなど経済的に今は離婚が無理でも、将来的に我慢の限界が着た時に優位に離婚できるように、証拠だけ握っておくという考えです。

不貞行為の事実があれば、慰謝料や財産分与の金額も増額され、相手が離婚を拒んでも精神的苦痛などを理由に離婚も優位に進められます。

【依頼理由:稀にあるケース】

家庭内での実権争いの理由に依頼をする稀なケースもあるようで、浮気や不倫をした事により家での発言権が交代するケースもあるそうです。このような場合はもう夫婦というより、競争相手ですね。

【なぜ7割の方は離婚などを考えないのか?】

浮気、不倫が離婚の原因にならないのは、自分にも非があったと感じるからではないでしょうか!

浮気や不倫は確かにいけない行為だとは思いますが、依頼をされた側の方も相手がなぜしたのか「言い訳」を聞くと、少し思い当たる事があるのだそうです。探偵&興信所の調査報告をみて、「自分自身の見直しもできました」という声も頂くそうです。

「探偵&興信所=離婚」とはならないのが、そこにあります。お互いが見直せる良い機会になるのかもしれません。

まとめ

探偵&興信所の利用をお考えの方、いかがだったでしょうか?

調査を依頼した時は、怒りや不安などたくさんあるかもしれませんが、理由によっては、ご自身自体も改善しなければいけない事もあるかもしれません。ですが、そこに「愛」があるから不安になるのではないでしょうか!