妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 夫(妻)の不倫発覚!浮気相手に慰謝料を請求する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫(妻)の不倫に気づき、どうしていいか分からない、怒りが収まらないなど人によって表現は様々ですが、許せない行為にはかわりありません。その事が原因で離婚になる事もあります。離婚を回避しても、信用できず心を痛め悩み続けるかもしれません。 そんな時、一つの気持ちの整理とし「慰謝料請求」する事もできます。

【慰謝料の請求をする前にしておく事】
浮気かな?と思った時点で『証拠』を集めておきます。これは「慰謝料請求」をするしないに関わらずしておく方が良いでしょう。問い詰めても、「知らない」と言われてしまえば、そこまでですし、逆切れして終わられるかもしれません。「お子さんが小さく自分で調べる時間がない」「明らかに怪しい」と思ったら探偵&興信所に依頼するのも一つの方法です。浮気=本気になる可能性もありますし、念には念が一番です。
【証拠になるもの】
・デート写真
・ラブホテルへの出入りの写真
・外泊や帰宅時間が遅くなった日付と帰宅時間を書いたもの
・探偵の報告書(証拠写真も撮ってくれます)
・動画や音声もかなり有効
【証拠をもって弁護士に相談する】
相談にいくと、誰に対して「慰謝料請求」するのか聞かれます。
・離婚せず浮気相手だけ
・離婚を前提に旦那と浮気相手の両方
・離婚を前提に浮気相手だけ
・離婚を前提に旦那にだけ(子どもがいる場合は養育費として請求する事もあります)
※ご自身で浮気相手と交渉する方もおられますが、冷静な判断をなくしている時に相手と話し合いをしても、揉めるだけだったり、相手が弁護士を雇う事もありますので、弁護士に依頼する方が交渉がスムーズに進みます。
【証拠があっても「慰謝料請求」をしない方がいい場合】
問題はダブル不倫の場合です。浮気相手の配偶者が浮気を知らなかったのに、内容証明で浮気を知ってしまった場合です。相談者が傷ついたように相手のパートナーも同じように傷つきます。その怒りが「慰謝料請求」となり返ってくる事もあり、痛み訳ではないですが、相殺になってしまう事もあります。ダブル不倫の場合は「慰謝料請求」する前に弁護士と良く相談した方がいい場合があります。 婚姻関係の期間、夫婦関係、離婚するのか婚姻の継続なのかで、慰謝料額も変わります。反対に相談者側が多く支払わなくてはいけない結果もあるという事です。 ダブル不倫の場合は特に弁護士と相談を良くしてください。
【内容証明郵便】
浮気の証拠が集まったら次の段階に進みます。 「慰謝料の金額」を決めます。妥当な金額より少し上の金額を提示します。なぜなら、金額の交渉が入る事があります。弁護士に依頼している方は相場金額などもありますし、弁護士に相談し決めると問題はないと思います。 次に、ご自身でされる場合でも弁護士に依頼しても「内容証明郵便」を郵送します。弁護士などと決めた内容を相手に伝える手段として利用します。 「内容証明郵便」とは、送った主が誰か、誰宛に郵送したのか、などを郵便局が証明してくれる郵便物で、受取人がいつ受け取ったのかも証明してくれるので、相手が「受け取っていない」と言い訳できません。 「内容証明郵便」の内容には法的効果はありませんが、相手に対し「こちらは覚悟を決めてます」と攻撃でき、相手に罪悪感などがあれば、それだけで話し合いなどに応じてくれたり、スムーズに終わる事もあります。 反応がなく、返事がない場合は、再度通告とし「再度内容証明」を送ります。 調査をしてもらった探偵&興信所の紹介なら専門の弁護士なので、その辺りはお任せしても安心かと思います。 返事がきたら、弁護士は相手に対し、「支払いの意思」「金額と支払い方法」などを決めていきます。勿論事前に、相談者と打ち合わせや、その都度に確認はしてくれるので、勝手には決まらないので安心してください。
【相手が弁護士を立ててきた場合】
相手が自分の非を認めず、弁護士を立ててくる場合もあります。弁護士同士でお互いの依頼者の希望を話し合いますが、お互いに譲れない場合、示談では解決せず、裁判になります。 裁判まで発展する事例の一部に、浮気相手にも夫(妻)がいるダブル不倫の場合、性行為を強要された、など予想外の話が出てきたなどです。 慰謝料の請求が小額の場合や、明らかに非がある方が分かっている場合などは、示談で解決する事の方が多いそうです。裁判が長引けば長引いた分だけ弁護士費用も、勿論高額になっていきます。 『証拠』集めがそこでかなり重要になってきます。少しでも有効な証拠を集めておくことが、裁判になったとき早期解決に導いてくれます。

《まとめ》
慰謝料請求についていかがだったでしょうか?証拠があるかないかで、かなり左右されます。ツラク悲しいかもしれませんが、慰謝料請求を考えるのであれば、証拠は集めておく事をおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。