妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

妻の浮気願望を調査してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵&興信所の依頼者が最近少し変化しつつあります。少し前までは女性から旦那の浮気調査が圧倒的に多かったのですが、近年では旦那から妻の浮気調査が依頼される事も増えてきているそうです。 その背景にはイケメンとの不倫ドラマなどが放送された事が拍車をかけているそうですが、卵が先は鶏が先かの論議でドラマが始まる前から主婦には願望があったのかもしれません。

【既婚女性の約2割が浮気願望あり】 調査機関が既婚女性1158人にアンケートをとったところ、約2割(5人に1人)は浮気してみたいと思っているそうです。その中で回答の最も多かったのは一夜限りかセフレで割り切ったお付き合いでいいそうです。デート代(約7割の方が)は男性もちでお願いしたいそうで、地位や金銭面が安定している経済力のある相手を求めています。 アンケートで浮気したいと思っている女性105人に対し、なぜ?と質問した結果は・・!

【浮気願望がなぜあるのか?】 [1位]夫に不満がある:28人 [2位]恋愛がしたい:27人 [3位]エッチがしたい:27人 [4位]日常生活のストレス発散:23人 2位と3位は同一でした。この結果から見える傾向は、日常生活において主婦は心にストレスを溜めていると言えます。コミニュケーション不足なのかもしれません。 恋愛がしたいも「女性」としての自分の魅力を取り戻したいのかもしれません。「妻」でも女です。男性には理解しがたい事かもしれませんが、女性にとっては「女」でいたいと願うのは当然の心理なんです。 「エッチがしたい」と純粋な意見が1/4を占めるのも、女性でいたいという願望の延長線上にあるのかもしれません。セックスレスの夫婦も多いですし、問題といえば問題かもしれないですね。

【浮気したいシチュエーションは?】 [1位]プラトニック:29人 [2位]本気の恋愛:28人 [3位]セフレ関係:25人 [4位]一夜限り:23人 本気の恋愛意外は家庭を壊す気はなく、その時の性欲の処理なのかもしれません。女性の場合、男性と違い性欲のある時ない時で浮気願望も変わるのかもしれないですね。ちなみに男性に望む年齢は30代が一番多い結果でした。 若過ぎてもあまり上でもダメみたいです。自分は既婚だが、相手の男性は独身を希望する傾向があり、トラブルは避けたいという気持ちはあるみたいです。

【現在進行形で浮気をしている割合は?】 アンケートに浮気願望ありの105人の既婚女性に聞いたところ、現在進行形で浮気の真っ最中の方が13人おられました。これからしたいが12人、と男性にとっては脅威の数字なのでは。願望だけ46人、していない34人ですが、この人数のこの先どう変化するか分かりません。 【時代の移り変わり】 浮気や不倫なんて「不潔」と言われていた頃は、もっての他がった事が、現代では割り切れば的な感覚になってきているのも現状です。家庭を返りみない旦那さん「要注意」ですよ。妻は家庭で家を守るなんて事を言っていたら、あっという間に取り残されてしまいます。 【気づいたらどうするか?】 問い詰めた所で「浮気してます」とは言いませんし、はぐらかされてガードを固めてしまう事もあります。本気で調べたいと思うのであれば、探偵&興信所の力を借りるのも手です。ただ、その後、もし発覚し、どうしたいのかまで、考えてから行動を起こす事をおすすめします。女性の浮気の場合、「じゃ離婚しましょ」と本気の恋愛の場合ならありえます。家庭を壊す気なく遊びの浮気の場合なら釘をさす程度で収まるかもしれません。ただ、どちらにしろ家庭をほったらかし、妻を女性扱いしないなどの態度の改めがなければ、相手が変わり浮気は収まらないかもしれません。

『まとめ』 「俺についてこい」だけでは、妻は満足しません。浮気や不倫を正当化する気はありませんが、お互いの歩み寄りなしでは夫婦の絆はできません。「妻=女性」という事を頭に置いておく必要があると思います。探偵&興信所を利用するのも手ですが、まずは自分の行いをみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。