妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 熟年離婚増加中!意外に多い探偵&興信所への依頼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵&興信所に依頼をされる方の中に、年配の方が増えてきているそうです。昔なら熟年離婚なんて考えられなかったかもしれませんが、今では普通にあります。熟年離婚の理由に「子どもの独立」「夫の定年」「長年の浮気」などがあるそうです。探偵&興信所に依頼される熟年夫婦(特に女性)の浮気の調査は年々増えているそうです。 ちなみに『熟年離婚』とは、高齢夫婦の離婚と思われがちですが、正確には20年以上結婚生活を送っている夫婦が離婚することを意味しているそうです。

【団塊世代の増加】
今の日本は高齢化社会と言われるほどで、40代~70代の人口がとても多いのが特徴です。年金以外にも貯金があったりと、生活できるなら離婚したいと願っている高齢夫婦が多い事にビックリしますが、その背景に過去の浮気や現在進行形の浮気もあるそうです。60代でも元気な方たくさんおられますし、老ける年齢でもないという考え方は素晴らしいのですが、浮気に発展するのは問題です。

【熟年の浮気や不倫が本気へ】
昔の熟年者の浮気は資産家が若い女性を囲うなど「金で遊ぶ」という感覚だったのが、現代では「昔から好意をもっていた」「趣味で知り合った」「仕事場で」など気の合う者同士が恋愛に走る傾向が見えます。その結果、熟年不倫、熟年離婚に繋がっていくようです。

【熟年不倫が多い理由】
探偵&興信所に依頼に来られる調査内容に、数年以上前から続いている場合がとても多く、主に女性からの依頼です。ずっと我慢してきたが、子どもの独立や夫の定年を理由に離婚したいと考えての行動です。この当時の女性は「家庭を守る」という思想の強い時代で女性の地位も低く、離婚して生活ができない方が多く、多少の浮気などには目をつぶるのが当たり前の時代だったのかもしれません。子どもの成長をまち、夫が定年を迎える時期になり、「不倫や浮気の証拠を押さえ」夫婦の関係にピリオドを打ちたいと願うのも最もかもしれません。 実際に調査をしたら愛人が何人もいたケースも多々あるそうです。 反対にずっとほっておいた妻が浮気に走ったケースもあり、焦り調査を依頼してくる男性も増えてきているそうです。

【熟年の方の浮気、不倫調査】
堂々と愛人を囲っている方や、不倫期間がかなり長く夫婦同然の方も多いので、性行為などの証拠はあげにくい場合もありますが、熟年の方の不倫などは周囲への警戒心がないのが特徴で、調査自体は簡単に行えるそうです。 熟年の年になってからの浮気や不倫の場合、意外に積極的な傾向があり、周囲の目からみても明らかに浮足立ってるのが分かるようで、こちらも調査しやすいそうです。

【不貞行為の証拠】
熟年者の場合の浮気などは、同じ相手とずっと過ごすという事が多く、相手を特定しやすいのですが、離婚などを考えておられ依頼されている場合が多いので、財産分与などの問題も起こってきます。不貞行為の頻度や浮気・不倫期間などを徹底的に調査しなければ、後々の問題に関わってきますので、慎重にしなくてはいけない部分もあります。 裁判になる事もあるので、証拠を集めておく必要があります。

【熟年夫婦の離婚】
長年一緒に生活してきたが、通算すれば家にいた年数は比例しないなんて浮気三昧の夫、熟年者になってから浮気に走り相手にはまっている男女、と熟年者の浮気・不倫の形も様々ですが、調査を依頼される女性の場合90%は離婚を考えておられます。男性依頼者の場合は自分がないがしろにして来た事を理解しているのか、老後が不安なのか修復を考えられている場合が多いです。 熟年離婚もそうですが、熟年不倫・浮気に共通しているのが、どちらとも、長年の夫婦関係が良好ではなかったという事です。夫婦の歪を感じた時点で対処していれば防げた事なのかもしれません。

【熟年離婚の慰謝料などの相場】 
熟年離婚の場合は「夫婦の生活年数」「共有財産」「資産」などもあったり、離婚後の経済能力なども考慮されます。専業主婦だった妻が今後仕事につける保証も年齢的に無理な場合もあります。 慰謝料を請求する側の精神的苦痛なども考慮され計算されます。 一般的な浮気や不倫で離婚した場合100万円~300万円くらいですが、結婚生活が長い夫婦の場合ですと500万円くらいは不貞行為の内容によっては請求できる事もあります。
『実例』として25年間浮気していた夫の浮気相手に「500万円の慰謝料」がでた判例もあります。 高齢での離婚の場合「将来的に就職は無理」と判断され「慰謝料・財産分与・年金の分割」などの支払いは約束されると思います。
『探偵&興信所の費用』は、普通の浮気調査と変わらないのですが、浮気期間などを調べるのであれば遡って調べなくてはいけないので、日数がかかることも予測されます。基本的に1日で全て終わる範囲であれば20万以内でいけるのではないでしょうか。

《まとめ》
熟年離婚についてはいかがだったでしょうか?長年の蓄積された心労に対する対価はかなり高額になって返ってきます。大事な方をないがしろにした結果なので、仕方ないのかもしれませんが、悲しい老後にならない為にも気をつけたいものです。

関連記事

コメントは利用できません。