妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 配偶者のダブル不倫(前編)「自分が損せず慰謝料を受け取る方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚者同士の浮気の事をダブル不倫と呼び、お互い既婚という部分で内密に行えると感じるのか、最近多い不倫の形ではないでしょうか。 お互いが既婚者同士の不倫の場合の「慰謝料請求」は成立するのでしょうか?

【ダブル不倫の慰謝料請求】
既婚者同士の男女が不倫する事をいい、お互いに被害者がいる場合に「慰謝料の請求」は成り立つのでしょうか? その様な場合はどうすればいいのか疑問ですよね。
『慰謝料請求しても相殺になる事が多い』
ダブル不倫の「慰謝料請求」は、場合によっては「痛み分け」になる可能性があります。理由として、浮気した二人には配偶者がいます。その配偶者二人が「慰謝料請求」をお互いの浮気相手にする事があるからです。 その時の金額が同額に近い事が多く、お互いのお金を交換しただけになって終わる事があります。
『例として』
妻が既婚男性と浮気していた場合だと、浮気相手の男性に慰謝料請求しても、浮気相手の妻が反対に、妻に対し慰謝料請求をしてくる事があります。請求した夫は個人的には慰謝料を手にしても、相手にも支払わなければいけないので、夫婦の財産は減ります。

【慰謝料請求の目的が金銭の場合】
金銭目的の慰謝料請求は、ダブル不倫の時はしない方が良い場合があります。その理由にお互いさまの状況で同じような夫婦関係だった場合など、相殺されてしまい、同等の金額になるからです。
『例』
婚姻期間が一緒くらい、夫婦仲も良い、子どもの有無、お互いの世帯収入、浮気の同意条件、など不倫の条件が一緒だった場合など慰謝料金額の差はほぼないと思われます。
『メリットのない慰謝料請求』
・両夫婦共、離婚しない場合
・不倫相手の夫婦が不倫するまで夫婦仲が普通だった場合
・不倫相手が不倫を強要した事実がない場合
・不倫相手に重大な責任がない場合 (重大な責任とは、夫婦仲が悪い、結婚の事実を隠していたなどのウソをついていたなど)
・ダブル不倫している当事者以外が不倫の事実をしっている場合
・不倫相手より婚姻期間が短い場合(不倫相手の婚姻期間が長い場合は相手の方に増額理由がつきます)
浮気相手の配偶者に増額理由が多くついた場合は、慰謝料請求をしても反対に支払う金額が高くなってしまいます。ダブル不倫の「慰謝料請求」は先に訴えたから金額が増える訳ではないので、気をつけましょう。
※浮気相手が独身・未婚の場合と違うダブル不倫の場合の慰謝料請求は難しく、まずは状況の把握をしっかりする事が大事になってきます。自分が有利に事を運びたいのであれば、不倫現場の証拠写真や情報を収集しておく事をお勧めします。 2人っきりで行動している時の写真や、ラブホテルへ行った証拠写真などがあれば、揉めた時などに、言い逃れをされませんので、ある方が良いと思います。

【ダブル不倫の浮気相手から自分が損せず慰謝料を受け取るには】
簡単ではないですが、結論から言いますと、ダブル不倫の相手の配偶者が不倫の事実を知らないのであれば、浮気相手の配偶者から慰謝料を請求される事はありません。ダブル不倫の慰謝料請求が痛み分けになる理由は、被害者が2人いる事にあります。被害者が1人なら慰謝料の支払いも1人になります。 ダブル不倫している2人は、お互いの配偶者にバレる事を基本的には望んでいません。配偶者にバレ離婚しなくてはいけない状況は避けたいからです。 夫(妻)のダブル不倫を疑ったときに【証拠】を集めておけば、自分が損せず、浮気相手にだけ慰謝料を請求する事も可能になります。

【証拠集めはどうすればいい】
手っ取り早い方法は、探偵&興信所に依頼する事です。ただ、費用がかかるので、浮気相手から慰謝料がとれるか分からない状況では不安かもしれませんが、確かな証拠としては残せます。あまりに酷い配偶者の浮気に、離婚も視野にいれるのであれば、配偶者に慰謝料請求する時に使えるので、損はないと思います。

《まとめ》
ダブル不倫で損をしない慰謝料請求の方法はいかがだったでしょうか?続編とし「ダブル不倫の慰謝料の相場」なども参考にして頂けると良いかと思います。 精神的苦痛を癒すのに、気が落ち着く方法として「慰謝料請求」は間違いではないと思います。

関連記事

コメントは利用できません。