妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 【実話】妻の妊娠中の浮気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦の共同作業でもある子育て前の妊娠中の浮気!意外に多いのご存知ですか?言い訳として多いのが「妊娠して女性として見ることが出来なくなった」「一緒に今までできて来た事が出来なくなった」「寂しかった」など思わず「はぁ?」と言いたくなるような事!が多いのも事実です。 夫婦として子どもを今後育てていくのであれば、早期に浮気の目を摘んでしまい解決しなくては、大問題に発展する事もあります。 その為にまず、相手が誰で浮気なのか本気なのか、調べなくてはいけません。 妊娠中のストレスはお腹の赤ちゃんにも悪影響です。

【どうやって調べるのか】
スマホのラインや通話記録を調べても、履歴を消されていたら分かりませんし、勝手に触った事がバレてケンカになる事もあります。決まった日に遅くなったり、怪しい行動日が分かっているのであれば、知り合いに尾行してもらう手もありますが、素人の尾行では限界があり、バレる事もあります。やはり、プロに頼むのが賢い選択になるかと思います。 怪しい行動日が分かっていたり、予定が分かるのであれば、探偵&興信所も費用は最低限で押さえられますし、確実なる証拠も掴めます。離婚を考えず修復を願う場合でも、念の為に証拠は置いておく方が良いでしょう。もし、怒りが収まらず相手に慰謝料請求を!と考えた時などに証拠は役に立ちます。
【探偵に頼むにはどうすればいいのか?】
まずは電話で相談できますし、それから依頼するか決めても問題ありませんので、悩み過ぎる前に相談してみてください。 その後、来店し詳しく相談します。後は探偵&興信所の方が親切に対応してくれます。費用の相談も遠慮なくしてくださいね。 電話相談などの時点で自分に合わないと思った場合などは、探偵&興信所を変えた方がいいです。不信感を感じたところでは依頼しないようにしましょう。

【実話、妊娠中の妻が探偵に夫の調査を依頼】
依頼者:妻R子さん(28歳)妊娠5か月 ターゲット:夫(29歳サラリーマン)
『相談内容』
2ヵ月前から夫が急に「サービス残業」を言い訳に帰宅時間が遅くなる事が増えた。残業代が全くついてない訳でもなく、違和感を感じた。独身時代の様にネクタイやシャツにこだわりだし、知らない柄のネクタイがカバンに入っていたことも。夫婦仲は凄く良く妊娠直後はHな事をしたいと発言していたのに、最近は一切言わなくなった。お腹の事を気遣ってかと思ったが自己処理もしてない様子。最初は風俗も疑ったが、何か違う感じがし胸騒ぎを感じている。
・探偵&興信所としては浮気を99%感じ依頼を受けました。
・Rさんと相談し、決まった曜日に帰りが遅い訳ではなく、昼間にラインで遅くなる日は連絡がくるそうで、2日か3日に1回だそうです。
・調査日を連絡のあった夜に限定し、定時の18時~24時まで尾行する事に。
・その日が残業だった場合は次の連絡のあった日にすると契約。
・費用を最低限で押さえたいとの事なので、本来なら3日前に事前予定を決めるのだが、今回は当日という形で受けました。夫は車で通勤とのこと。
『費用として』
調査員2名(1時間:1.5万円)×6時間+車利用(1日1万円)+諸経費(3万円)=13万円
13日に連絡がきて夜18時調査を開始したが、残業の様子だったので1時間で打ち切り、後日2日後の15日に調査を再開した。追加費用は貰わないと契約しているので、6時間分で受けました。 ※本来ならこの様な場合は2日分、もしくは証拠があがるまでの日数を頂きますが、予算を押さえたいというご要望とターゲットの予定がある程度把握できたので、この料金で引き受けました。

【実話、夫の調査開始】
『13日の行動』
・12時半:夫から「今夜は残業」とライン連絡ありとRさんから電話
・18時:夫の会社の出入口(車と徒歩の場合)2か所を張り込み
・18時50分:部署内に灯りがまだついていて残業の様子の為、今日は一旦中止 Rさんに今日は残業の様子と報告 『15日の行動』
・13時:夫から「残業&飲んで帰る」とライン連絡ありとRさんから電話
・18時:夫の会社の出入口(車と徒歩の場合)2か所張り込み
・18時15分:駐車場出入口に夫発見(玄関調査員と合流し車に乗り込む)
・18時20分:携帯で誰かと会話中。10分後車が移動開始
・18時50分:会社から20分ほど離れたスーパーで女性と合流
・19時30分:40分ほど二人で仲良く買い物をする
・19時35分:女性を乗せ車が移動開始
・19時50分:女性宅と思われる家に到着しコインパークに車を停め二人で部屋にはいる
・19時53分:灯りがついた部屋を発見。表札を確認しに行く。相手の女性の調査を開始する
・23時15分:女性に見送られ夫は車に乗り移動開始(キスをしていた)
・23時35分:夫自宅に帰宅 調査終了
『調査報告書』
15日の行動をRさんに次の日報告書と共にしました。女性のマンション名と名前をつげたところ、思い当たる方だそうです。間違いなく浮気だとRさんは確信したそうです。 女性は31歳独身で、Rさんの元同僚だそうです。Rさんは夫と同じ会社に勤務していたそうで、妊娠をきっかけに辞めたそうです。元同僚も夫の事が好きだったそうです。 「証拠」は写真だけですが、と調査員が告げたところ、相手が分かったので、それでいいそうなので、今回はこれで終了となりました。
【その後のRさん】
1週間後、Rさんからご連絡を頂き、夫婦として今後もやっていきますとの事でした。 夫のいい分として、「父親になる覚悟がなかった」「もう少し二人の時間が欲しかった」など、Rさんも何となく感じていたそうで、少し体調の悪いのを理由に甘えていたのかも、と反省したそうです。浮気は許せないしツライとは同時に言っておられましたが、産まれてくる子どもの為にも夫婦で頑張りたいとのことでした。 もっと先延ばしにし浮気をほっておいたら大変な事になっていたかもしれません。

《まとめ》
妻の妊娠中の浮気はいかがだったでしょうか?実際に良く聞く話ですが、本当に身近に起こっています。夫の浮気を感じたら早期に目を摘むのがやはり最善です。ご自身で解決が無理っと思ったら探偵&興信所を利用するのも方法の一つに考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。