妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 【実話】判例でみる浮気の代償「慰謝料の金額」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫(妻)の浮気が分かり、怒りが収まらず「慰謝料請求」って考えた時に、一体いくら請求できるのか気になりますよね。 まだ浮気の発覚はないものの「もしかして?」って思ったら知りたいのが本音です。

【慰謝料請求できる場合】
浮気が発覚したら、慰謝料請求はできますが、した事により反対に自分が支払う側になってしまう事もあります。それは相手側も既婚者だった場合や浮気の強要などの事実が分かった場合などです。 慰謝料請求をしても、希望金額より減額される事もあります。反対に増額される事もあります。

【浮気の慰謝料の相場】
浮気の慰謝料の金額を決める基準が一応ありますが、ケースにより金額は変動します。
・交際期間、浮気相手の収入、不貞行為の回数、夫婦仲、浮気が原因で離婚、など諸事情も考慮の中にはいるので、全てのケースで慰謝料の金額が変わります。
『一般的な慰謝料の相場』
・100万円~300万円が相場と言われています。
・離婚した場合:100万~300万円が多い
・離婚しない場合:数十万~200万円
・子どもの為に離婚したいが出来ない、などの場合は離婚した場合と同じ金額が請求できるケースもあります。

【実話 判例:慰謝料請求】
『妻の浮気相手に慰謝料請求』
「妻:浮気した人物」「夫:妻の旦那」「妻の浮気相手」
・請求者:夫
・請求相手:妻の浮気相手 《請求内容と判例》 増額理由と減額理由あり
・結婚10年、子どもりあり、浮気が分かるまでは夫婦仲は円満(増額理由)
・子どもの為に離婚はしていないが別居中で、破綻しているのと変わらない(増額理由:子どもがいること)
・交際期間約4か月、不貞行為は2~10回ほど(減額理由:交際期間が短い)
・浮気相手は夫婦仲が破綻していると聞いていた(減額理由:破綻していると思っていた)
・浮気相手は謝罪している(減額理由) など増額理由があるものの、減額理由もある為、離婚はしていないが、子どもの事なども含めた慰謝料金額がでました。
「慰謝料金額:150万円」この金額は夫婦が離婚した場合の相場の少し下の金額になります。

『夫の浮気相手に慰謝料請求』
「夫:浮気した人物」 「妻:夫の嫁」「夫の浮気相手」
・請求者:妻
・請求相手:夫の浮気相手
《請求内容と判例》
増額理由と減額理由あり
・結婚12年、子どもあり、浮気が分かるまで夫婦仲は普通
・浮気が原因で夫婦仲は破綻(増額理由)
・交際期間は1年8か月、不貞行為の回数は10回以上(増額理由)
・浮気が分かった後も、浮気相手は不貞行為を行った(増額理由) (妻は浮気が原因で睡眠薬などの処方を医師から受けている)
・夫は浮気相手に妻とは不仲だとウソとついていた(減額理由)
・浮気相手は一切謝罪しなかった(増額理由) など増額理由が多く、その理由として、浮気が発覚した後も不貞行為を継続した事や、子どもがいる事、浮気相手が謝罪をしなかったなどの理由が挙げられています。減額理由には、浮気の主導権が夫にあった(ウソをついていた)事が挙げられています。
「慰謝料金額:200万円」この金額は夫婦が離婚した場合の相場の平均金額になります。

【増額理由と減額理由】
浮気をする時についた嘘が減額の理由になる事が多く、浮気された側に原因がある場合も減額対象になります。例えば、夫婦間の関係にも関わってくるのですが、理由もなく夫婦の営みを拒否し続けたなどが原因で浮気された場合は減額の対象になる事もあります。 ウソをつかれていようと、浮気相手の謝罪なしは増額理由になります。 「慰謝料請求」するにしても、やはり証拠がなければ、言い逃れをされてしまう事も多々あります。証拠を収集するのは個人では限界がありますので、もし「慰謝料請求」や「離婚」を考えるのであれば、浮気かな?と思った時に探偵&興信所に依頼し、証拠を集めておく事をお勧めします。

《まとめ》
慰謝料の金額の判例はいかがだったでしょうか?浮気の疑惑がある場合は探偵&興信所に依頼し調べておくのも一つの方法で、慰謝料請求する時、離婚する時に有利に事が進みます。

関連記事

コメントは利用できません。