妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

「探偵&興信所 企業調査の方法・相場は!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が依頼する調査の事を「企業調査」といいます。企業が調査会社や企業調査専門の探偵&興信所へ依頼し企業を身辺調査します。なぜ、そんな事をする必要があるのでしょうか?

【企業調査とは】
依頼される内容は「取引先の業績」「倒産しないか」など信用調査が主体で、「信用調査」がメインになります。見た目には売り上げを上げているが、その裏で「売上依存度」「仕入依存度」になっていて、未回収金が多く危険ではないか、などの取引先情報を正確に調べます。 大きな新規の取引を始める時などに、相手の企業の情報がなければ、契約したのに倒産された、など自社へ迷惑がかかってしまう事もあります。その為に事前に相手の企業を調べておく必要があります。
【取引先について企業調査をする】
では、どんな企業が怪しいのでしょうか?思い当たる部分があれば、調査会社や探偵&興信所へ依頼した方が安心できます。
・オーナーの周囲に素行の問題のある人物はいないか
・社内に抗争がないか
・信用情報が少し信じられない
・経営状態は破綻していないか
・債権回収はキッチリできているのか(未回収が多くないか)
・ブラック企業ではないか
・企業舎弟になっていないか(暴力団との関わり)
・風評被害にあってないか(悪評が流れていないか)
・コンプライアンス(企業の社会的責任、ルールなど)が守られているか
少しでも思い当たる事がある場合は早期に調査を開始した方が良いと思われます。

【企業調査会社】
企業信用調査とも呼ばれる調査を行う会社ですが、調査会社によって調査方法は様々です。基本的には現地に調査担当者が行き、収集した情報をもとに調査報告書をまとめます。決算書や定量情報、業界内での評判、位置づけ、経営力(代表者)、などを他の企業と比較したり、各会社独自の分析などによりデータとし残します。
【企業調査会社へ依頼した場合】
・現地に行き、経営者への取材、現場の状態、状況などを観察
・財務状態、現況、将来の予想
・公開情報を調べる(官公庁提出資料、登記情報、WEBやマスメディア情報)
それらの情報と独自のネットワークデータとで情報の分析をし、統計をとり「信用調査報告書」とし、依頼主に報告します。 件数の依頼数の条件や加盟料などがいります。依頼報告書も一枚単位での料金が発生します。何件もの信用調査をしたい場合などは便利かも。

【探偵&興信所に依頼する理由】
なぜ、企業調査会社にではなく、探偵&興信所へ依頼をするのでしょうか。企業調査会社によっては、独自のネットワークで調査をする所もあれば、民間の企業調査会社から情報を購入し、それをもとに、業績などを調べ報告するだけの所もあります。その為、情報としては不十分で、表面上の事しか分からないなど、情報として不十分な事があります。
『探偵&興信所の企業調査の場合』
企業の情報の収集の為に、企業調査会社の信用調査なども活用しますが、その企業の社員などから聞き取り調査をしたりと専門知識のある者が調査をします。その為、内部の情報が手に入る為、正確な情報が得れます。勿論「証拠」も一緒に得られるため依頼した企業としては、不安要素があれば取引を中止でき、大丈夫だと判断すれば安心して取引を行う事ができます。 大きな取引先だけ情報が欲しいなど一件で良い時などは、信用調査会社より探偵&興信所の方が便利です。
【企業が風評を探る場合】
最近では、世間の風評被害にあった時に、その悪評の原因が何かを調べてほしいと依頼をされるケースも多いそうです。悪評は売上や社員のやる気の低下に繋がるそうで、企業にしては大きな問題になるそうです。
【企業調査の相場の比較】
『信用調査会社の場合』
・加盟料:10万円以上(件数による)
・報告書:1枚2万円前後×枚数
・依頼数5件以上など条件がある
『探偵&興信所の場合』
・10万以上
・依頼内容により金額が変わりますが、相場としてなら10万円~30万円辺りが多いそうです。中には100万以上のケースもまれにあるそうです。

《まとめ》
企業調査についていかがだったでしょうか?最近では海外企業の調査などもあるそうで、大きな取引などの時に利用する事が多いみたいです。調査会社、探偵&興信所の特徴をいかして使い分けても良いかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。