妻や夫の不貞事情や調査の実例などを紹介しています。

探偵&興信所 浮気調査から分かった浮気に走る男性の理由5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気はいけない行為という事は男性自身も分かっています。それなのに、なぜ?と思いますよね。その理由に意外な事実がありました。探偵&興信所側だから知った事実を何通りか紹介したいと思います。

【なぜ男性は浮気に走ったのか】
浮気調査の依頼は女性側が多いのが特徴です。男の本能なのか?と最初は思っていたのですが、なぜ?こんなに男性は浮気に走るのかという疑問を感じたそうです。そこで結果報告をした後に頂いた理由を統計してみたところ、意外な事がわかったそうです。 依頼者が女性の場合の家庭の半数が家庭内別居状態のところが多かったそうです。浮気が原因で別居状態になった訳ではなく、その前から別居状態だった所に何か原因があるのかもしれません。
【男性が浮気に走る理由】
・性的欲求が人より強い
・仕事のストレス
・ケンカが絶えなかった
・子どもができて
・異性として見れなくなった
などが理由に挙げられているそうです。
『性的欲求』
・結婚にもっとも向いていない男性で、常に女性となんらかの関係をもち相手が1人とは限らない事もあります。結婚相手に一番相応しくない相手なのですが、モテるのも事実で、運悪く結婚した場合、浮気症は治らないと諦めるしかありません。
『仕事のストレス』
・仕事などのストレスを受けると、男性は種の危機を感じ子孫を残そうと、本能で性欲が高まります。その結果、家庭に安らぎがないと判断すると外に癒しを求めてしまいます。
『ケンカが絶えない』
・家庭思いの男性に多いのが、ケンカなど家庭不和が生じた時に外に癒しを求めてしまうパターンです。普段、真面目な分、のめり込んでしまうと家庭を一番壊してしまう事が多いのが、このタイプです。夫婦関係が良好であれば浮気なんて、絶対しないタイプなので、ケンカを長引かせないよう気をつけましょう。
『子どもができた』
・浮気の理由にもっとも多い「子どもができて相手にされなくなった」良く聞きますよね。子どもができ2年~5年目あたりに多いそうで、妻は子どもに手がかかり夫まで手が回らないと悪循環になってしまい、浮気に繋がっていきます。男性の幼児化と言えばいいのか、妻に母親的な部分を求めているのかもしれません。子どもに手がかかるのもスゴク分かりますが、少しだけ夫も甘やかしてあげないとダメなのかも!浮気に走られるくらいなら、少し夫との時間を大事にする事も大切かもしれません。
『異性として見れない』
・子どもが産まれたあたりから、嫁から母親になってしまい魅力を感じないといった意見も多く、種を残すという役割を終えたと本能で感じてしまうのかもしれません。愛情から情になり、信頼関係はあるが、異性として見れなくなってしまい、他に目がいってしまうそうです。妻も母になり、自分に使える時間がなく、女としての努力を怠ってしまうと、浮気されてしまうかもしれません。
【男性は夢見がち】
女性より男性の方がこのような事から、結婚しても夢をみがちなのかもしれません。女性も結婚に夢をもち生活しますが、生きていく上で必要な事を学び現実をしり、子どもを身ごもりさらに強くなっていきます。男性はその段階に着いて行けないのかもしれません。常にお互いを知り話合い共に向上していける関係であれば、修復できるかもしれません。 相手が浮気をしたから、愛情がないという訳ではありません。修復できる範囲で、相手を許せるのであれば、お互いに治すべき部分を見直してみるのも良いのではないでしょうか。浮気は最低な行為ですが、一方的に相手だけを責めて解決する問題でもないのが事実です。
 《まとめ》
男性が浮気に走る理由いかがだったでしょうか?男性をかばう訳ではないのですが、精神的に女性の方が大人な事がハッキリしたような気もします。やはり寂しかったり、孤独を感じてしまうと浮気してしまうのかもしれません。あと、身だしなみも少しは必要かもですね!

関連記事

コメントは利用できません。